Archive for 2010年9月

RainbowNote ver.2 新機能ニュース(その2)

9月 29, 2010

公開間近のRainbowNoteバージョン2は、写真機能も強化しました。

ノートと写真の位置情報

まずは写真のGPS位置情報対応です。

iPhoneはGPSを内蔵しているので、撮影した写真には緯度・経度情報が記録されます(GPS衛星またはWiFi位置情報ををキャッチできた場合)。RainbowNoteから写真アルバムを見ると、位置情報付きの写真には右下に赤いマークが付きます。

IMG_0355.jpg

GPS位置情報付きの写真をノートに取り込むと、緯度・経度情報から地名を検索して、写真の下に簡易住所を表示します。住所欄をタップすると、オンライン地図が開き、場所を確認できます。位置情報を表示したくない場合は、×をタップすると、位置情報だけ削除できます。

IMG_0351.jpg

カメラロールにある写真のGPS位置情報を読み込めるアプリはすでにいくつかありますが、写真アルバムにある写真のGPS情報をノートに取り込めるアプリは、おそらくRainbowNoteが一番乗りだと思います!(なお、写真アルバムにある写真の位置情報を読み込めるのは、お使いのiPhone/iPod touchがiOS 4以上の場合です)。

これを使うと何ができるかというと、インターネットに気軽に接続できない海外旅行時や、携帯電話網やWiFiがない僻地でも、空さえ見えればGPS衛星をキャッチできるので、写真だけバチバチ撮影しておきます(GPS衛星の受信は、世界中無料です!)。

IMG_0505.PNG

その写真をあとからRainbowNoteに取り込めば、どこで撮影した写真か地図上でバッチリ一覧できます。地図を見るには、GPS位置情報付きの写真を貼り付けたノートを開き、ノート情報欄の地球儀マークをタップします。すると、そのノート内の写真を撮影した地点が地図上にすべて表示されます(地図の上のピンが、写真の撮影地を示しています)。

GPSトラッキング専用アプリだと、ルート記録中ずっと起動しているため、iPhoneのバッテリーがメリメリ減っていくのが難ですが、写真の撮影時だけiPhoneを使うなら、バッテリーの消費も少なく済みます。

IMG_0364.jpg

画面下の黒い部分をスワイプすると次の写真を表示します。また、サムネイルをタップすると、写真を拡大して見られます。左端のボタンをタップすると、地図の表示形式が切り替わります。

IMG_0498.PNG

地図を画像として取り込む機能も新たに加わりました。画像として取り込んだ地図なら、インターネットに接続できないときも見られます。地図画像上をタップすると、写真と同じように全画面に拡大して細部まで見られます。

IMG_0479.jpg

また、写真アルバムから読み込んだ写真を、ノートに貼付ける前にトリミングする機能が付きました。

さらに、以前のRainbowNoteでは、メモリーの少ないiPhone 3Gの場合、ひとつのノート内に取り込める写真の点数は、せいぜい30枚くらいが実用的な限度だったのですが、新バージョンでは内部の仕組みを変更し、ノート内に貼れる画像の点数が大幅に増えました。最大何枚いけるか上限はテストしていないですが、以前のバージョン+iPhone 3Gではメモリー不足で開けなかった、大きな画像が90枚ほど貼付けられたノートも、新バージョン+iPhone 3Gでは表示できました。

IMG_0338.jpg

あと、ユーザーの皆様からご要望の多かった、ノートの日付を変更する機能を付けました。日記として使う場合に役立つと思います。

ノートの背景イメージも30種類追加しました。今回は日常使いに邪魔にならない、手帳風の落ち着いた紙が増えています。本バージョンから、ノートの背景とカラーラベルが分離したので、ノートの背景とは無関係に、ノートをカラーラベルで分類できます。

以上、RainbowNoteバージョン2.0の、写真機能、日付変更機能、新ノート背景の変更点でした。

現在、全機能の動作テスト中で、AppStoreでの公開は10月半ばの予定です(既存のユーザーの方は、無料でアップデートできます)。

次回はATOK Padとの連携機能について書きたいと思います。



RainbowNote ver.2 新機能ニュース(その1)

9月 25, 2010

お待たせしました。RainbowNoteの次期バージョンが、そろそろ公開間近になってきました!

今回はたくさんの新機能を追加したので、バージョン番号が変わって、RainbowNote 2.0になります。10月公開を目指して、最後の仕上げにかかっているところですが、リリースまで何回かにわたって、新機能の紹介をしたいと思います。

まずはノート一覧画面でテーマが選べるようになります。

RainbowNote 2.0の新テーマ

↑ RainbowNote 2.0のノート一覧画面。左から、「黒」テーマ、「ダーク」テーマ、「ウッド」テーマです。テーマは従来のエメラルドグリーンも含めて、全4種類を用意しました。フォルダーや書類のアイコンも、テーマによって変わります! 将来的には、テーマをユーザーが自分で作成できるようにしたいので、そのためのツールも考えています。

ノート一覧の画像サムネイル

↑ ノート一覧に、画像サムネイルが表示されるようになりました。ノート内に貼り付けた最初の写真のサムネイルを、自動的にリストに表示します。ノートを開かなくても、どんな内容だったかわかりやすくなりました。

ラベル指定画面

↑ また、従来はノートの背景イメージと結びついていたカラーラベルを分離し、紙の背景と関係なく、自由に指定できるようになりました。カラーラベルは全8色です。ラベルの文字は編集できるので、例えば赤色は「重要」、オレンジは「進行中」、黄色は「今すぐやる」など、自分の使い方に合わせて変更してください。お気に入りのノートに星印を付ける「スター」、ノートを編集不可にする「ロック」機能も付きました。スターはGoogle Docsのスターマークと同期します。

ノートの並べ替え

↑ ノート一覧のソート機能(並べ替え)に、更新日だけでなく、作成日も加わりました。ソート項目が増えたため、ボタンをひとつにまとめ、メニューを表示するようになります。同じ項目をもう一度タップすると、逆順ソートになります。

RainbowNoteノート一覧新旧比較

ノート一覧にサムネイルが表示されると、RainbowNoteを簡易データベースとして使うのにも便利ですよ。私はウェブで見つけたレシピの保存や、DS画面を撮影してポケモン図鑑(わは)としても活用しています。

そうそう、iPhone 4のRetinaディスプレー対応もしました! アプリ内の画像を、ほぼ全部高解像度化しました。iPhone 4をお使いの場合は、旧バージョンよりずっとくっきりはっきりした画面になりますよ。画像の点数が多いので、元画像をIllustratorで保存しておいてよかったです。ビットマップ画像しかなかったら、全部作り直しになってしまいますからねー。

以上、RainbowNoteバージョン2.0の、ノート一覧画面の変更点でした。

現在、全機能の動作テスト中で、AppStoreでの公開は10月半ばの予定です(既存のユーザーの方は、無料でアップデートできます)。

次回はノート編集機能の新機能について書きたいと思います。